対象疾患

当科は、これまで消化器外科、乳腺外科、一般外科(ヘルニア、緊急手術など)を担当していましたが、乳腺科が診療科として独立し、正式な名称は、外科、消化器外科となりました。ただし、乳がん手術などの入院治療に関しては、当科にて合同で行っており、基本的には同じ診療科です。対象となる疾患は、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、胆道、膵臓などの各消化器疾患、一般外科疾患と乳腺疾患です。悪性疾患が最大の治療対象ではありますが、胆石胆嚢炎などの良性疾患も広く対象にしています。一般外科領域では、鼠径ヘルニア、腹壁ヘルニアなどの手術件数も多く、さらに虫垂炎、腸閉塞、穿孔性腹膜炎などの緊急手術も行っています。

 

当科では、低侵襲手術として腹腔鏡手術を積極的に取り入れています。参考までに、典型的な腹腔鏡手術の紹介、胆嚢摘出術(Lap-C)、胃がん手術(LADG)の動画をご紹介します。

Copyrights Chiba Hokusoh Hospital,NMS All rights Reserved.