基本方針

1 体に負担の少ない(低侵襲)手術を心がけています。

 

2 なるべく早期の手術を心がけています。

 

3 他疾患を合併している場合でも安全な手術を心がけています。

 

対象疾患について

当科は、これまで消化器外科、乳腺外科、一般外科(ヘルニア、緊急手術など)を担当していましたが、乳腺科が診療科として独立し、正式な名称は、外科、消化器外科となりました。乳腺の疾患でおかかりになられる場合は乳腺科の外来を受診して頂くことになります。対象となる疾患は、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、胆道、膵臓などの各消化器疾患です。専門性の高いがん治療はもちろんのこと胆石胆嚢炎などの良性疾患も広く対象にしています。一般外科では虫垂炎、腸閉塞、鼠径ヘルニア、腹壁ヘルニアなど様々な外科的疾患を扱っています。

 

 

外来診療について

外来を初めて受診される患者様に対しては、十分に時間をかけて診察、説明ができるように初診外来診察室1に設けてあります。紹介状をお持ちの方、あるいは直接来院された方もこちらで診察を受けて頂きます。初診外来では、教授から助教スタッフまで臨床経験の豊かな医師が対応いたします。また、各疾患の領域に専門医を配置し、質の高い外科治療を提供していますので、診断がついた段階で疾患ごとの専門外来を受診して頂くようになります。

 

専門的な治療に関しては、体に負担の少ない内視鏡的治療、特に腹腔鏡を用いて小さな傷で行う腹腔鏡手術、いわゆる低侵襲手術を積極的に取り入れているのが当科の特徴です。手術を受けて頂くまでの日数はなるべく短くなるように鋭意工夫しております。また、この間に手術に必要な検査が行われます。検査、診断結果、治療方針などについてはプライバシーを守りながら分かりやすく説明させてい頂いています。そして、内容を十分にご理解頂いた上で、ご自分の判断で最適な治療を受けて頂きます

 

当院は大学病院であることから各診療科に専門医を配置しています。そのため、糖尿病、心疾患、呼吸器疾患、脳血管障害など様々な併存疾患に対しても、各診療科が協力し合って安全に手術を受けて頂くことができます。手術のみならず抗がん剤治療、緩和治療などいずれの領域でも、最善の医療を提供できる体制を整え、患者様とよく話し合って最善の治療を提供しています。

 

手術後は、基本的には紹介医のもとで経過観察をして頂きますが、抗がん剤治療や定期的なCTなどの大掛かりな検査は当科で受けて頂くようになります。

参考までに、腹腔鏡手術の簡単な紹介の動画と胃がん胆石の腹腔鏡手術実際の動画を用意しましたのでご覧ください。

 

Copyrights Chiba Hokusoh Hospital,NMS All rights Reserved.